teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


遂に「iTunes Music Store」が日本にも登場!

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 8月 5日(金)08時55分13秒
編集済
  で、さっそく和田加奈子さんの楽曲を調べてみました^^。
収録曲は他の音楽配信サービスと一緒でした。「Tenderness」を配信していないかな~とチョットだけ期待していたのですが、ダメでしたTT。とはいえ、「iTunes Music Store」オリジナルアルバムの配信等、他の音楽配信サービスと比べると、「ひょっとしたら…」と思わせてくれるのは老舗の強みでしょうか?

何曲か試聴してみましたが、他の音楽配信サービスの試聴と比べて音質が良いですね。おそらく実際に購入したものは他の音楽配信サービスのものと比べてもそれ程差はないと思いますが…。あと、今までの音楽配信サービスの試聴は曲の始めから30秒のみで前奏が長いとせっかくの歌がほとんど聴けないパターンがありましたが、「iTunes Music Store」の場合は曲の途中から30秒になっており、「夏のミラージュ」を例にすると「夢中にさせたい~テンダリー」まで聴けるようになっています。

ちなみに「iTunes Music Store」を使うにはApple社の「iTunes」というソフトが必要です(無料)。下のリンク先からダウンロードできます。
和田加奈子さんの楽曲に関しては1曲150円、アルバム1500円(今の所「esquise」のみ1350円)となっています。おそらく他の音楽配信サービスも同等の値段になってくると思います。
あえて突込みを入れると、「Honey Moon」が「エナ(Ifと勘違い?)」だったり、「If」が「ハネムーン」だったりと、突貫工事で始めた感じがするのはチョット残念でした。

http://www.apple.com/jp/itunes/download/

 
 

今年の紅白はヤマトが聴けるかも?

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 8月 2日(火)10時20分35秒
  なんかNHKが紅白で聴きたい曲のアンケートをとり始めたようです。もっともネットから投稿できるのは8月下旬からだそうですが…。
一応、1人3曲まで自由に選べるようになっていますが、サイトに掲載されています参考曲目リスト(pdf形式)には、しっかりと「宇宙戦艦ヤマト」の名前が掲載されています^^。
もし採用されても、できれば他の歌手ではなく佐々木功さんご本人に歌っていただきたいですね。やはり、出だしの「さらば地球よ~」の低音をキレイに歌える人は少ないですので…。

詳細は下のリンク先を参照してください。

http://www3.nhk.or.jp/kouhaku/

 

セガ メガドライブ スーパーメドレー

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月30日(土)12時19分8秒
  今更ですが、やっと買ってきました^^;。
なんか久しぶりに「MD」ロゴを見たような気がしますw。
前に、
>ノリとしては「セガガガ」の「SEGA-MIXS」のメガドライブ版になるのでしょうか?
   と書きましたが、まさしくそのままでした^^。

これはかなり好みが分かれそうですが、個人的にはかなり気に入りました。
「アレンジメドレー」も悪くないのですが、「オリジナルREMIXメドレー」の方が気に入りました。MD(ミニディスクではなくメガドライブです。念の為に…^^;)ユーザーとしては、MDのFM音源を使ってのメドレーはなかなか楽しめるのではないでしょうか?欲を言えば、タイトル毎に1曲のメドレーで複数のゲーム曲が入っていると更に良かったと思います。この辺は次回作に期待したいですね。出るかどうかは分かりませんが…w。
選曲はかなりマニアックに思えますね。「バトルゴルファー唯」「忍者武雷伝説」「モンスターワールドIII&IV」の曲を覚えている人ってどの位いますでしょうか?自分はすぐには思いつきませんでした^^;。サンソフトの「スーパーファンタジーゾーン」「紫禁城」が混じっているのは謎ですね(かなり懐かしかったですけど^^)。サードパーティの曲がOKなら「テクノソフト(Stand Up Against Myself)」「ゲームアーツ(ENDING)」「メサイア(ソード・オブ・ザ・ホーリー)」「ウルフチーム(サンダーストームFXのオリジナルED」「コンパイル(FOR THE LOVE OF…)」辺りの曲も入れて欲しかったですね~。この辺も出るかどうか分からない次回作に期待したい所です^^;;。

効果音として、「アレンジメドレー」と「スーパーメドレー」にあの「セ~ガ~」(CMで使われていたバージョン?)、「オリジナルREMIXメドレー」には「セ~ガ~」(MD版「ソニック」シリーズで使われていたバージョン?)と「GET READY」(MD版「アウトラン」で使われたバージョン?)が入っています。
 

休みが欲しい………

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月25日(月)20時08分57秒
  やっとサーバーが復旧したようですね。

>まるサンバさん
またまたどうもです^^。

>SW EP3
実はまだ見に行っていません。というか、見に行く時間がないですTT。
一応前売券まで買っているんですけど…^^;。
ちなみにかなり期待している作品なので、事前情報はなるべく見ないようにしています。

>悲しい物語
見た人によれば「徐々に話が暗くなっていくので気持ちが沈むかも」と言っていました。なんかPS2(ファンタシースターII)を連想してしまいましたw。

>旧三部作
自分も復習の意味も含めてEP1&EP2と一緒にDVDを見ています。
EP1&EP2を見てから旧三部作を見ると、ライトセーバーのアクションが子供のチャンバラに見えてしまいます。昔はこれでもかなり格好良く見えていたはずなんですけど…^^;。

>見方が変わってきます
ゲームネタになりますが、剣乃ひろゆき(現:菅野ひろゆき)氏の「EVE burst error」「DESIRE」「この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO」のシナリオに近いのかもしれませんね。細かく書きませんが、この2作品はエンディングまでプレイして、全ての真相を知ってから再度プレイすると初回のプレイでは気付かなかった膨大な伏線が見えてきます。
機会がありましたら、是非一度はプレイして欲しいです。

今年は既に2本の映画を見に行っていますが、現在公開中&今後公開予定の映画で見たいのがまだまだあるんですよね~。今年は映画の当たり年のような気がします。


  今回の被写体
日本ではほとんど出回っていないと思われる(自分が知らないだけかもしれませんが…^^;)メタルフィギュアの「宇宙戦艦ヤマト(約1/4600 5~6センチ位)」です。比較の為にCDケースと並べてみました。
本来はアメリカのボードシミュレーション用のコマとして使うものとして製作されたものです。
自分の持っている物は、前に「ヤマトパーティ」に参加された外人さんから頂いたものです。
 

スター・ウォーズ

 投稿者:まるサンバ  投稿日:2005年 7月25日(月)04時27分9秒
  どうもです。「スター・ウォーズエピソード3/シスの復讐」は観ましたか?
私はやっと観ることができました。さらにスケールアップしててビックリ、悲しい物語に涙して、最後は感動しました。只今、旧三部作を観直し中です。不思議ですね、EPS3を知ってしまってから観ると、ダース・ベーダーの見方が変わってきます。ただの冷血な悪役には見えません。そして、改めて「スター・ウォーズ」シリーズはダース・ベーダーの物語だったんだ、と実感しています。
長くファンの間で語られていた謎の答えもちゃんと出てましたね。例のセリフはしっかり聞けたが、「1138」は見逃してしまいました。また観に行っちゃうかも。
 

チョット「ヤマト」の黒歴史もありますが…

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月20日(水)10時28分25秒
編集済
  >刃車さん
お待ちしておりました~!

>第25話 ヤマトあの太陽を撃て!

>OPの曲を変えて最終話の雰囲気を出すのは初代以来ですかね?
>こういうのは好きですねぇ。
一応、「ヤマト2」第25話でもやっていましたね~。「ここぞっ!」という所で変えてくるとやはりいいですよね~。

>デスラー砲
「デスラー砲艦」ですね。どちらかと言えば「デスラー砲搭載艦」の方が正しいような気もしますが…。通常武装は貧弱ですからねw。

>ここでの会話
「第20話」で年寄り呼ばわりされた事に対する仕返しですねw。総統は自分で「私は屈辱を忘れん」とか言っていますから~w。

>このシーンは非難轟々
この辺はね…。詳細は下でまとめさせていただきます。

>そしてラスト。最後という文字。
この辺も、詳細は下でまとめさせていただきます。

注)残念ながら「ヤマトIII」においては、製作スタッフの言葉は他のシリーズと比べて多くありません。手元の資料でも「ロマンアルバム ヤマトIII」位しかありません。ですので、ここから下に書くことは「ロマンアルバム」と「豪華本 完結編」に書かれている事からの推測が多分に含まれている事をご了承ください。「ヤマトIII」のDVD-BOXを購入すれば更なる情報が得られると思うのですが…。

「ヤマトIII」(初回放送1980.10.11~1981.4.4)には西崎プロデューサーも松本零士さんも製作にはあまり携わっていなかったように思えます。
松本零士さんは「ロマンアルバム」の中で「スタッフの皆さんにおまかせした部分が多くて」と書かれています。実際、1981年「さよなら銀河鉄道999」「TV版1000年女王」1982年「劇場版1000年女王」「わが青春のアルカディア」「無限軌道SSX」と立て続けにアニメが公開されています。その為に「ヤマトIII」にはあまり携わる事ができなかったと思います。ファンの間では、キャラクターが松本零士さんの絵柄に似ていない(特に新キャラ)という事もあって嫌いな人も多いようです。
西崎プロデューサーも「豪華本 完結編」の中で徳間書店と共同で「汚れた英雄」(1982年公開)の映画化を進めていた事が書かれています。結局、副社長の脱税事件によって銀行からの融資が受けられなく、資金繰りが悪化して製作を降りています。その代わりに、徳間書店の社長さんが色々と西崎プロデューサーのフォローをしてくれたとの事です。また、この時期に会社名を「オフィス・アカデミー」から「西崎音楽出版」「ウエストケープコーポレーション」に変わっています。
一部では「ヤマトIII」は「視聴率不信で打ち切り」と言っている人もいますが、平均視聴率が15.4%だった事を考えると、それはないと思います。逆に上記の事から「制作費不足で無理矢理打ち切った」と思っています。

「土門」「揚羽」は元々「次世代のヤマトクルー」として考えられていたようです。「ヤマトよ永遠に」から主人公を古代から新しいメンバーにする事を模索していたようです。「ヤマトよ永遠に」に登場するサーシャが1年で急成長する無茶な設定も初期プロットでは10数年後の予定が、後で古代を中心とした物語にする為のしわ寄せだと思います。結局、「土門」「揚羽」は「完結編」を製作する際には不要というよりも、2時間半しかない上映時間では邪魔になると思って殺してしまったのではないかと思います。

色々書きましたが、「ヤマトIII」は残念ながら製作会社の都合で大きく割を食った作品だと思います。「第2の地球探し」「星間国家の戦争に巻き込まれる」といった、それまでにない新しい方向性を打ち出しながらも活かしきれなかったのが残念です。



>…あ、後番組は一休さんでした…ぐはぁぁぁぁorz
う~ん、残念。「ワンサくん」「海のトリトン」「宇宙空母ブルーノア」「メーテルリンクの青い鳥」(以下西崎プロデューサーの手掛けた作品ですw)「銀河鉄道999」「キャプテンハーロック」「1000年女王」等の松本アニメだったら面白かったと思うんですけどね…^^;。

>DCソフト
後期はギャルゲーばかりでしたが、最後がSHTというのがいかにもセガらしいというか…w。

>SEGA AGES
PSg3でもPSg4でもどっちでも構わないんですけどねw。
当分は完全移植(それともエミュか?)がメインのようですね。ただ、ACの移植はプレステ2のメモリー量との戦いになりそうな気がしますが…。

>デジカメ
最近のはどうなんでしょう?新機種よりも型落ちの安物をずっとチェックしていたのでよくわかりませんw。

>PSO
お手柔らかにお願いしますね~^^;。
もっともプレイ時間が合うかが最大の問題になりそうですが…^^;;。

オフラインでULTの森を巡回中にパル・ラッピーと遭遇!「やった~」と思っても、落としたのは「モノメイト」…。「FM音源」の道はまだまだ遠いようで………TT。
 

「では…再開は勝利の跡で…」

 投稿者:刃車  投稿日:2005年 7月18日(月)19時39分13秒
  今日でやっっっと暇になりました。先週はちにかけた…w
目の前のものが終わっても、その周りでまた用事が積まれていくという…
元々積みやすい性格なのですが、今回はそれに拍車をかけ気が付けば日曜日^^;
十分休養を取って(まだ終わってないけど)忘れかけてた長らく待ち続けた、
ヤマト3の最終話の感想をカキコみたいと思います。
どうなることやら・・・

>第25話
「23世紀初頭…太陽の内部で核融合の異常増進が始まり、地球は、人類絶滅まであと一ヶ月と迫っていた…。ヤマトは、人類の移住先を探しに宇宙に旅立ったが、第2の地球となるべき星は見つからなかった。…しかし、たまたま出会ったシャルバート星のルダ王女から、太陽制御のためのハイドロコスモジェン砲が送られる。
一路、地球を目指して次元トンネルを疾走していた…」

そうそうそういうストーリーでした(汗
OPの曲を変えて最終話の雰囲気を出すのは初代以来ですかね?
こういうのは好きですねぇ。

太陽制御に入りましたか。ここで邪魔者が出るのはお約束ですが首相自ら!?
しかもブラックホール砲ですかっ!?…もうちょっとステップが欲しかったな…。
総統も加勢に来ました。もうデスラー砲はデフォで搭載されているのですな^^;;

さすが機動要塞、びくともしないですな。ここでの会話は面白いですねw
せっかくですから取り上げましょう。

ベムラーゼ「ウハハハハハ…デスラー君、ようこそ見えられた。我々はヤマトなど
      どうでもよかったのだ。あなたをおびき出すのが目的だった。
      罠にはまったなぁ?デスラー君」

デスラー 「大将同士の決闘にご招待とは光栄だ…。念のため聞いておきたい。
      …あなたのお葬式は何州で出せばよいのかな?ベムラーゼ君」

ベムラーゼ「葬式を出してやるのはこっちだ!ブラックホール砲発射!」

デスラーの痛快な言動も面白いのですが、問題は何州といった部分。
もしかしたら宇宙ではそういうわけ方をしているのかもしれませんが、やはりこれは冷戦を一つのテーマとしているんだなと強く思いました。

アレを連発。たまらんですな…。「これはっ!?」って総督さっき見たじゃないかw
さすがに機動要塞が出しているとは思わなかったかな?

土門がやられ、揚羽は狂気を帯びる…。王女はそんな二人の最期の命を燃やす。
揚羽はそれを勇気として機動要塞に特攻する。デスラーはそんな二人に
「見たかタラン…地球の少年が…命を懸けて咲かせた美しい花を…。あの花を無駄に散らせてはならん…ハイパーデスラー砲発射…!」
賛辞を送り、この決闘に片を付ける。

そして、土門は希望としてハイドロコスモジェン砲を発射可能とし、望みを繋げる。
それに呼吸し、ヤマトは遂に核融合異常増進を阻止することに成功する。
土門はそれを見届けた後、やすらかに息を引き取るのだった…。

…いろいろ変えてるかもしれません(笑
書いていてアレですが、このシーンは非難轟々のような気がします(汗
あえてそこは書きません。
地球を救うという気持ちはひしひしと伝わってきましたので良しとしましょう…。
相変わらずのHデスラー砲の破天荒な威力、そしてハイドロコスモジェン砲を撃つときの
島の制服などが息継ぎ部分でしょうかw

ルダ・シャルバートの語り、デスラーとの別れ、そして地球帰還で3は完結しました。
ルダの戦いをやめる方法は極論のような気もしますが、まあいいかな。
でもその他は…何故か怒りが沸々と…。
デスラーとのあの間は、次に会うときは敵か味方か分からないということですね。

そしてラスト。最後という文字。
これは劇場の完結編を意味しているのでしょう。
見ないと。

…あ、後番組は一休さんでした…ぐはぁぁぁぁorz

>低レートでの圧縮(32k)
なるほど…何か曇ったような音だったのはそういうことがあったからですね。
ストリーミングですから容量を少なくしないといけないのかな?

>MD新作
うひゃ…まだ生産ラインがあるんですか…。
受注生産でもいいから出してほしいですよねぇ^^;

>DCソフト
遂にですか…実は今つくあそで遊んでいたりしますw
まだまだ現役ですよ!

>PSg4
確か千年紀リメイクはPSg3じゃなかったのかな…?
エイジスは最近凄いので、セガ開発ならやって欲しかったな~とは思いますね。

>デジカメ
買いましたか~いいですねぇ。最近のはどうなってるんだろう。
私はデジカメはともかく携帯さえ持ってないので無問題!(爆

>PSO
!!!!??、・・・フフフフフフフフフ・・・・・・・(謎
待っていますよ。
 

いろいろと…

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月18日(月)09時44分40秒
  ・武部聡志さんのCD「クララ」が「 楽天オークション」に出品されていました。「ラッキー」と思ったがよく見ると「売り切れ」表示が…TT。あともう少し早く確認していたらと思うと…無念…。
あと、ここは定期的に和田加奈子さんのCDが出品されているようですのでファンの方は要チェックだと思います(買う買わないはまた別問題ですが…^^;)。私は前にここでオムニバスアルバム「 ALL WE NEED IS LOVE」を買っていたりします^^。

・今まではヘッドホンに付属していた「WinDVD」を使っていましたが、一部のソフトで字幕が表示されると処理落ちが発生していましたので、新しくソースネクスト発売の「PowerDVD EXPERT」を購入してみました。今の所処理落ちするソフトはないようですが、今後の事を考えるとやはりPCを買い換えた方がいいのかなぁ…。

・久しぶりにPSOをプレイ!ちょっとブランクが長かった為か、かなり感覚が忘れていました^^;。銃の照準がなかなか合わないし、3撃のタイミングも合わないし、(以下略w)。Lv100以上になってからVHの遺跡で倒れたのは始めてかも…^^;;。
オンラインに復帰するまでにもう少し腕を挙げておかないと…^^;;;。
 

SETI@home

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月15日(金)10時12分15秒
  少し前に、今まで使っていた「SETI@homeクラシック」から「BOINC/SETI@home」に乗り換えてみました。
乗り換えると「SETI@homeクラシック」の解析回数は数えられず、また1からのスタートとなるのでチョット躊躇していました。

乗り換えての感想ですが、
・1回当たりの解析時間は「SETI@homeクラシック」よりも短いようです。ただ、これは「SETI@homeクラシック」と同じ量のデータを扱っているかは不明ですが…。
・解析画像を表示すると、なぜか解析図がグリグリと回っています。パッとした見た目は良いのですが、表示されているデータを見ようとすると凄く不便です^^;。
・クライアントソフト「BOINC」は「SETI@home」だけでなく、他のプロジェクトも同時に参加できるものになっています。もっとも自分のPCは「SETI@home」だけで精一杯ですが…^^;。

ついでに、久しぶりに「SETI@home」のマイページを見たら、1000回解析した証明書(?)がアップされていました。下の画像ぼそれにあたります。
ただ、どうせなら画像を開いた日付ではなく、達成した日付の方が良かったと思うのですが…。さすがにそこまでは手がまわらないのかもしれませんね。(何しろ全てボランティアですから^^)
 

福井さ~~ん「スペースローレライ」はいつ書かれるんですか?w

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月12日(火)11時47分33秒
  「これじゃ映画版は文句でるよなぁ~」というのが「終戦のローレライ」を読んだ後の感想ですね^^;。
映画はどうしても2時間前後の上映時間内に収めなければいけませんので、小説の内容をそのまま映画化できないのは仕方がないですね。もっとも、この辺は原作者にしても、監督にしても覚悟していたようですね。原作者と監督との対談を収録した「ローレライ浮上」を読むと、この辺は途中で割り切ってカットした事が書かれています。あと「ガンダム」のTVシリーズから映画への編集の仕方を例に挙げていましたけど、どちらかと言えば「ヤマト」のTVシリーズ第1作目と劇場版第1作目に編集の仕方に似ているように思えましたね。
個人的には
・フリッツ(パウラの兄)が映画に登場しなかったのが残念でした。
・終盤の戦闘シーンでのアレを映画でも見たかったですね~。「ロケットアンカーが元ネタか?」と苦笑してしまいましたねw。

タイトルは「ローレライ浮上」の最後に、
 原作者:潜水艦ものに二作目はないと言っていたけど、もう潜水艦はいい?
 監督 :もっとほかにやりたいものがあるし。
 原作者:じゃあ、「スペースローレライ」は?
 監督 :俺はそっちには行かないなぁ(笑)。
               という部分からとっていますw。


>かーとさん
またまた情報ありがとうございますm(_ _)m。
自分は少ない記憶とCDやネットからの情報しかありませんので、こうした情報はありがたいです。

>まるサンバさん
>芯の強い負けず嫌いな人だなぁ
自分もそう思いました。また、感性が強い人だなぁ、とも思いましたね。

>「和田加奈子復活プロジェクト」
本当に誰か立ち上げてくれませんでしょうかね?その際には自分もできるだけ協力しますよ。
もっとも、その前にファーストアルバム「Tenderness」をCD化してくれませんでしょうかね…。
 

勉強になります

 投稿者:まるサンバ  投稿日:2005年 7月12日(火)01時01分11秒
  う~ん、みなさん凄いです。勉強になります。
そういえば、和田さんよくストライプ着てましたね。雑誌「サリダ」は当時読んだ記憶はあるのですが、ぜんぜん覚えてません。ただ、芯の強い負けず嫌いな人だなぁ、と思った記憶がありますね。
ちょっとづつでもいいから、活動してくれないかなぁ。新曲が聞きたいです。
マジで誰か「和田加奈子復活プロジェクト」立ち上げてくれないかな。

P.Sずっと、「ブラックゼロ」さんを「ブラックロゼ」と思い込んでいました。
   すいません。
 

ご自由にとのことなので…②

 投稿者:かーとメール  投稿日:2005年 7月11日(月)23時37分35秒
  KANAの情報を少しだけ仕入れました。
彼女が藝大出身ということはご存知でしょう。その卒業展に彼女が出品した作品は、「ウエスト」と題された木彫り。クスノキを素材に、女性のウエストがかたどられた作品だったようです。
あと、ちょっとした情報ですが、こんなのもあります。
①大阪生まれ
②視力、右0.01左2.0
③ストライプを偏愛している(デビュー当時)
④和田加奈子のサインはkana+自身の顔のイラスト(と思われる)なのだが、自身のヘアスタイルによってイラストも変わっている。
私が知っている情報はこんなところです。
 

アレンジ違いはファン泣かせですね^^;

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月10日(日)04時51分30秒
  >ユキヨンさん
>「クワイエットストーム」
CD落札おめでとうございます。
このCDは「夏のミラージュ」しか知らない時に初めて聴いたので、イメージとかなり離れていて違和感を感じましたね^^;。今はそんな事ありませんが…。

>「ラッキーラブ」
自分も最初はCDと同じ曲だと思って、アルバム未収録の「さよなら Jasmine Breeze」目的で買いましが、アルバムとアレンジが違っていて驚きましたね~。

あと「誕生日はマイナス1」にカップリングされています「Night Bird」(これもアルバム未収録)もかなり異色の曲ですので機会があれば是非一度お聞きになる事をお薦めいたします。

>ライブ情報
いえいえ、これはネット上で掻き集めた情報です。自分は結局1回もライブに行くことができませんでしたので…。
で、情報は主に和田加奈子さんのライブに参加されたアーチスト等のプロフィールを参照にしています。

>ラジオ番組
「グリコカルチャーデザート」はよく聴いていました。「DREAMIN' LADY」「Le Vent Doux~やさしい風~」もこの番組で初めて聴きましたね。
文化放送(だった筈)の方は街中を散歩しながらDJするという変わった番組だったのを覚えています。

あとTBSの「世界ふしぎ発見」の
  第250回 1991/04/27 李白大唐に夢を詩う 李白詩大唐夢
  第289回 1992/02/08 天才たちのカタルーニャ バルセロナに自由を
                でミステリーハンターとして登場しています。

そのうちに、オムニバスCD(複数のアーティストが参加されているCD)も網羅していきたいですね。

  今回の被写体
メガドライブ用通信アダプタ「メガモデム」と付属の「ゲーム図書館」です。
ちなみに通信速度は1200bps(1.2kbps)しかありませんw。おかげで、メガCDなら一瞬で読み込んでしまうようなサイズのゲームでも10分近くかかってダウンロードしていましたね^^;。
これでサービス終了間際の無料期間に「きねちっくこねくしょん」や「PS2テキストアドベンチャー」をプレイしていたのが懐かしいです。
 

CDゲット

 投稿者:ユキヨン  投稿日:2005年 7月 9日(土)01時24分32秒
  今日はオークションで落とした「クワイエットストーム」CDが来ました。
作家陣が豪華です。安井かずみさんとか大貫妙子さんとか。「エスキース」以降のイメージからするとしっとりしていました。
ジャケットも素敵です。
「ラッキーラブ」のシングルとアルバムと違うというのが気になります。
私はシングル一枚も持っていないので幻の名曲も気になります。
和田さん本当に復活して欲しいな~。
今は子育てに大変なのかもしれませんが、例えば夜中のラジオ番組とか出てくれたら絶対聴くのに。
それにしても、ブラックゼロさん、ライブ情報などお詳しいですね。
ひろゆきさん、まるサンバさんもファンなんですね!なんだか知っているひとがいるだけで嬉しいものですね。
プラネタリウムのライブなんて最高ですよね。
 

遂にこの時が……

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月 8日(金)08時30分4秒
  本日発売の「ファミ通」を見た所、DCソフトが全滅してDCの欄がなくなっていました…TT。
SSの時は残っていたメーカーさんで「デ・キ・ルキャンペーン」と銘打って最後を盛り上げていましたけど…。DCはなんかひっそりと消えていく感じですね…。
2001年3月に生産終了してから気が付けば既に4年が過ぎていたんですね。

あと、「ファミ通」の枠外に「PSg4」の発売中止が告知小さく告知されていました。
まあ、これでアノ悪夢からは逃れられそうですw。
次のリメイクの機会はいつの事になるやら……。


 久しぶりにWindowsMediaPlayer用ボツスキンですw。
「サンダーフォースV」のボツバージョン第2弾です^^;。自分のサイトに見本として置いているものの直前に作成したバージョンです。作成してみたものの、右側が要らなく感じてボツにしました。
 

和田加奈子さんに関するメモ

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月 7日(木)04時25分46秒
編集済
  自分の記憶&ネット上で確認できた情報。
もう少し情報が集まり次第、まとめてサイトにアップしたいと思います。

・ライブ
1987年10/5 「和田加奈子LIVE」(PARCO別館)
   12/19~25 「クリスマスという名のジャズ・クラブ」(キリンプラザ大阪)
1988年5/9 「(コンサート名不明)」(日本青年館)
1990年10/? 「(コンサート名不明)」(サンシャインプラネタリューム)
     12/24 フレッシュ・サウンド・クリスマス「約束のイブ」コンサート(不明)

・ラジオ番組
「グリコカルチャーデザート」(FM横浜)
  月~金 23:50~0:00
「(番組名を忘れました^^;;)」(「文化放送」だったと思う)
  日 7:00~8:00


  今回の被写体
今、手元に残っている「ベリカード」です。残りは下に書きました「サリダ」別冊版と同様に転勤のドサクサに行方不明になってしまいましたTT。
左から「ニッポン放送」「フジテレビ」「日本テレビ」、下の1枚が「ラジオ関西」の物になります。
「ベリカード」とは、放送局に「受信報告書」を送付して、「受信報告書」の内容が放送内容と一致した時に発行されるものです。「QSLカード」とか「受信確認証」とも呼ばれているようです。
 

やはりネットはいいなぁ~

 投稿者:ブラックゼロ@管理人  投稿日:2005年 7月 4日(月)13時06分6秒
編集済
  多くの和田加奈子さんファンに来て頂けるとうれしいですね。

>ひろゆきさん
どうも、初めまして。
「@管理人」の件は気にしなくっても良いですよ~。
どうしても気になるようでしたらここのページの一番下にある「管理者メニュー」から修正できるようにしていますのでご利用下さいませ。

当時(今もですが…)は自分の周りにも和田加奈子さんを知らない人が圧倒的に多く、一ファンとしては悲しかったですからね…。

>「あの空を抱きしめて」
自分が初めて買った和田加奈子さん単独のCDであり、初めて買ったCDシングルでもありました。このCDシングルを聴いているうちに「もっともっと和田加奈子さんの歌が聞きたい!」となってアルバムも買うようになっていきましたね^^。

>いやはや、勉強になります。
いえいえ、自分も未だに他の人から教えられたり、色々と検索しながら更新しているありさまですから…^^;。今はもう落ちてなくなってしまいましたが、ヤフー掲示板の和田加奈子さんのトピックはかなり参考になりました(誰かログを残していませんかね…^^;;)。

>最近は「IF」のよさに改めて感動している日々です。
下にも書きましたが、シングルCD「LUCKY LOVE」にカップリングされています「さよなら Jasmine Breeze(アルバム未収録)」も機会がありましたら是非一度は試聴してみて下さい。「IF」とはまた違った魅力があります。

>まるサンバさん
>しし座流星群
2001年でしたから、もう4年前になりますね。それにしても、あの時は「流星雨」にはなりませんでしたが、本当に凄かったですね~。
ちなみに、この時の様子がアストロアーツ(雑誌「星ナビ」の編集会社)でDVDが発売
http://www.astroarts.co.jp/shop/showcase/leonids_dvd/index-j.shtml
されていますので興味があればチェックされてはいかがですか?

>プラネタリュームでのライブ
たしか、アルバム「デザートに星くずのゼリーを」発売時に配布された「サリダ」別冊版に書かれていたと思います。現物を持っている筈なんですが、転勤のドサクサに行方不明になってしまいましたTT。

「サリダ」別冊版は
「和田加奈子~流れるように~」(http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Tone/1390/kanako.html
にて少し見ることができます。ここのサイトは自分がホームページはおろか、まだネットカフェからネットサーフィンしていた頃からありました。本当ならサイトの管理人にリンク希望のメールとか出したいのですが、メールアドレスだけでなく、管理人の名前さえわからないというのがツライ所です。


下の画像は自分のPC内にある和田加奈子さんの曲を放り込んでいるフォルダです。
 

お久しぶりです

 投稿者:まるサンバ  投稿日:2005年 7月 4日(月)01時02分53秒
  どうもです。ここのTOPページ、よく見たら星が瞬いているんですね。ヤマトもゲームも苦手ですが、星や月を見るのは好きです。詳しくはないですが。しし座流星群を見たときは凄く感動しました。それも2年連続で。
和田さんのライブ、プラネタリュウムを見ながら、ってのもあったんですね。本人はいろいろと頑張っていたのに。残念で仕方ないです。私もそのライブ行きたかったな。
 

すみません^^

 投稿者:ひろゆき  投稿日:2005年 7月 3日(日)21時38分9秒
  投稿者のなまえが「@管理人」とついてしまいました。
自分のHPでもteacup使ってるもんで。
失礼しました。

http://www1.odn.ne.jp/orangeonty/shinkan.htm

 

はじめまして

 投稿者:ひろゆき@管理人  投稿日:2005年 7月 3日(日)21時36分23秒
  ひろゆきと申します。
「和田加奈子」つながりでやってきました。
「向い風に」が「あの空を抱きしめて」のCWだったとははじめて知りました。
いやはや、勉強になります。
「きまぐれオレンジ☆ロード」に結構熱を入れていた時期あったもので、
今でもその影響が強いです。
最近は「IF」のよさに改めて感動している日々です。

http://www1.odn.ne.jp/orangeonty/shinkan.htm

 

レンタル掲示板
/17