teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ホームページリニューアルの件

 投稿者:渡邊  投稿日:2011年 4月19日(火)13時18分47秒
  ホームページリニューアルに伴い、この掲示板は閉鎖することになりました。ホームページより新しい掲示板をご利用ください。

http://shimotoda.web.fc2.com

 
 

夏合宿の件

 投稿者:神保  投稿日:2008年 6月19日(木)21時07分50秒
  夏合宿の申込書を記載します。

 下記の日程で合同の夏合宿を実施します。
準備の都合もありますので、6月28日(土)までに別紙の申込書に参加費
を添えて各所属長あて申し込んでください。

1.日  時
  2008年 7月19日(土)・20日(日)・21日(月) 2泊3日
2.場  所
  戸田市立少年自然の家
 

合宿について

 投稿者:篠崎  投稿日:2008年 6月18日(水)21時43分9秒
  最近なかなか道場に通えない篠崎です。
牧さんから合宿の予定が届きました。残念なことに、19日はまだ学校のようです。なおかつ、22日から二週間修学旅行でタイに行きます。(エイズ患者の方の施設の手伝いをし、山岳民族の家に泊まり、トップクラスの金持ちの家でホームステイをしてから王宮を見学する・・・凄い旅行だ。)そして帰って次の日から部活の合宿を三泊四日・・・
倒れます・・。
と、いうわけで、今年は残念ながら参加できません!すいません!!
夏休みになれば暇も出来ると思うので、お土産を持って伺いたいとおもいます。
それでは!
 

土曜の練習時間

 投稿者:道院長  投稿日:2008年 6月18日(水)00時16分12秒
  土曜日は戸田東中学校武道場を使用していますが、学校開放委員会から終了時間の午後9時を厳守するようお達しがありました。
従いまして、一般部は午後7時から午後9時までと練習時間を変更させて頂きます。
1時間は少年部と重なりますが、会場は広いので支障はないかと思います。また、子供達も大人の目が届くので緊張し、練習も引き締まったものになると思います。
ご協力よろしくお願いします。
 

埼玉大会

 投稿者:道院長  投稿日:2008年 6月18日(水)00時11分31秒
  今年の埼玉大会は、エントリーが例年より多く入賞も期待されましたが、けがや病気、修学旅行、転勤等の事由でほとんどキャンセルとなり残念な結果となってしまいました。
次の大会は、戸田市競技大会となりますので、それまでに拳士のみなさんは体調を整えて、万全の状態で参加できるよう頑張ってください。
 

埼玉大会お疲れ様でした

 投稿者:沖野  投稿日:2008年 6月 9日(月)21時44分49秒
  皆様、埼玉大会お疲れ様でした!
今回は怪我で出場できず、当日もずっとリハビリに明け暮れておりました。
まだ完治するまで1.2週間ほどかかりますが早く完治してまた皆様と一緒に少林寺の修行をしたいです。
 

いい詩だったので皆さんよければ読んでください。

 投稿者:  投稿日:2008年 5月 2日(金)22時38分15秒
  「魂の約束」       醍醐千里


私たちは生まれるとき、神様から魂をいただきました。
みんなその魂を、自分の真ん中においています。


魂は磨けば磨くほど光ります。



漢字の練習を一生懸命しました。
魂は昨日より光ります。


電車でおじいさんに席をゆずりました。
魂は昨日より光ります。


弟におやつをあげました。
魂は昨日より光ります。


今日はごめんねが言えました。
魂は昨日より光ります。


あの人にありがとうが言えました。
魂は昨日より光ります。


努力をしたり、誰かや何かに優しくすることは
魂を磨きます。



けれど
努力をしたり、優しくすることだけではなく、
楽しいこと、うれしいことも、
魂を光らせることが分かりました。


友だちと楽しく大笑い。
魂は昨日より光ります。


誕生日のプレゼント。
魂は昨日より光ります。


楽しいことやうれしいことも魂を磨くと知って、
私はなんだかホッとしました。



ある日、そうじをさぼって友だちと遊びました。
友だちと楽しく大笑い。
けれどその日、自分の中の魂を見て驚きました。


あんなに楽しく笑ったあとだったのに、
魂は、光るどころかくもっているのです。



ある日、友だちからネックレスをもらいました。
お店から盗ってきたネックレスだと言います。
ほしかったものなので、
よく考えもせずにそれを受け取りました。


その夜、魂を見てみたら、その日もまた魂は、
昨日よりくもっていました。



ある日、一人が言いました。


ねぇ、あの子、はぶかない?
あっという間に、その子はひとりぼっちになりました。
私は、その子をひとりぼっちにさせる側にいました。
その輪の中で私には、急に仲間が増えました。
新しくできた仲間とともに、
おもしろおかしく過ごしました。


そんな日々を送る中、
私は久し振りに、自分の中の魂を見てみました。


私の魂は真っ黒になっていました。
私は、自分の魂の色を見て、
とてもおそろしくなりました。


楽しいこと、うれしいことの中にも、
魂をくもらせること、
魂を濁らせることもあると分かりました。



楽しいこと、うれしいことには、
2種類あると分かったので、
これからは、
気をつけていかなければならないと思いました。


     *


毎日魂を磨き、
毎日魂の様子を見ているうちに、
私は不思議なことに気がつきました。



磨いたつもりのない日でも、
魂の輝きが、増しているときがあるのです。


そういう日の一日を振り返ってみると、
その日は、きれいな花を見たり、美しい夕焼けを見たり、
そういう日だったことが分かってきました。


映画を見たり、本を読んだり、音楽を聴いたり。


そういうことでも魂を、磨くことができるのです。


楽しいことやうれしいこと、
目にした景色や、聞こえてくるメロディ、あたたかな言葉。
その日その日のなんでもないことも、
私の魂を磨き続けてくれたのです。



     *


できるだけ魂を光らせようと、毎日を送っていましたが、
ある日、私は少しだけ疲れてしまいました。


夢の中で私は、神様に会いました。


夢の中で私は、神様に聞いてみました。


神様、私はいつまで魂を磨けばいいのですか。
私の魂は、いつ完璧に美しくなるのですか。


神様は言いました。


あなたは、あなたの最後のひと呼吸まで、
魂を磨き続けなさい。
みんなその約束をして、地上に生まれているのですよ。


でも、神様、磨き終わらないうちに、
最後のひと呼吸がきたら、
どうすればよいのですか。


心配しなくて大丈夫。
あなたの魂は、最後のひと呼吸のとき、
必ず、最高の光を放ちます。


神様、私にはその自信がないのです。


あなたは、毎日魂を磨いています。
だから大丈夫。
最後のひと呼吸のとき、
魂はそれまでで一番美しい姿を見せてくれます。
何も心配いりませんよ。
あなたの魂は毎日、昨日より輝きを増しているのです。

ときどき、自分の魂を、離れたところから見てごらんなさい。
あなたの魂があなたの体を越えて、
まわりに光を与えていることにも、
気づくことができるでしょう。
このごろでは、あなたの魂の輝きで、
道を明るくする人も増えてきました。


さぁ、戻って、魂を磨いてきなさい。
毎日を楽しくうれしく感謝の気持ちで送るのですよ。
そうするとあなたの魂は、キラキラと光を強くしていきます。


あなたがここに来るのは、まだまだずっとずっと先。
あなたの人生を、楽しんでいらっしゃい。


あなたがどんなに素晴らしい魂を持って、ここに帰ってくるか、
私はそれを楽しみにしています。



     *



目が覚めた私は、
それまで気づかなかったことに気づきました。

昨日より今日。
今日より明日。


私の魂は輝きを増し続け、毎日新しく生まれ変わります。
そして必ず、その日の魂が1番光る魂。


少しの努力、優しい気持ち、
そして
うれしいこと、楽しいこと。
日々の中に散りばめられた美しいもの。



神様との約束を思い出したので、
私は、なんにも心配しないで、
毎日を送っていくことができそうです。


なんにも心配しなくても、
私の魂は、昨日より光ります。


光り続けます。          (完)

何となく通ずるものがあるかなと思い載せました。
ありがとうございます。
 

修行と練習の違い

 投稿者:法科大学院民事法学研究室助教授  投稿日:2008年 4月 1日(火)15時30分33秒
  少林寺拳法では「練習」と云わずに「修行」と云いますが、両者の違いはどこにあるのか? それは、単なる言葉の問題ではなく、基本的な考え方の問題であります。

「修行」という言葉は、仏教では、悟りを求めて仏の教えを実践するという意味で用いられております。また、一般的には、精神を養い、学問や技術などを修め磨くこと、と云う意味でも用いられております。

「修行」とは、苦しさの中に楽しみを見つけながら自分を高めて行こうとするものです。少し苦しい目に合ったり、また、大変な状況に陥ったりすると、直ぐに、何かにつけ云い訳を見つけて「逃げの口実」の態勢に入るのでは、これでは何の「修行」にもなりません。

どんな人でも、道院に行くのが楽しい時ばかりではないでしょうが、精神的に、あるいは肉体的に、辛く苦しい時があるものです。そのような時にも、自分の心に対して何らかの諦め(明らか)をつけを行って、頑張って行くのです。それが「修行」なのです。

そして、一度道院に入ったら、楽しく「修行」に取り組むのです。何故ならば、本当は辛く苦しいものだから、この「自分の心との戦い」が、「修行」の本当の第一歩なのです。

好きな時、気の向いた時に出かけて行って好きなように行う、これが「練習」なのです。趣味(本当の意味は悟りですが)で何かのスポーツをやるような時にはこれで良いのです。
 

政府の公益法人改革等の件

 投稿者:法科大学院民事法学研究室助教授  投稿日:2008年 3月26日(水)00時12分22秒
  今回の投稿は、皆様の所属する財団法人(商標権を取得している中間法人を含み)を含めた改革がなされますので関心を以て見守って下さい。

日本全国に約26000存在すると言われる公益法人(社団法人と財団法人のみ)は 新制度が施行される今年2008年12月から移行期間である5年間の内に公益認定等委員会に公益認定の申請を個別に行なわないと解散(廃業)したとみなされます。

公益認定の申請をして公益認定等委員会から「公益性あり(2階建)」と認定された団体は、公益社団法人または公益財団法人として、従来とほぼ同様の優遇税制(法人税や固定資産税の減免措置)を受けることができます。「公益性なし(1階建)」と認定された場合には 優遇税制の恩典を受けられなくなるので 通常課税団体となって存続が難しくなります。

「公益性あり」と判断する基準の詳細については 昨年9月頃に決まった政令・府令を見ると「公益目的事業を主たる事業として行い公益目的事業比率が5割を超えること」が最も重要な判断基準となります。

「公益目的事業」の定義は「不特定かつ多数の者の利益の増進に寄与するもの」となっています。 公益法人が当該法人の関係者に特別の利益を与えていると判断されれば 公益認定を得られないということであり 個々の団体の事業について公益認定等委員会が「公益」か「共益」か「私益」かをどのようにう判断して公益認定するのかが注目されます。

この難しい仕事をする公益認定等委員会は7名から構成されており各大学の先生方が過半数を占めています。公益認定等委員会には 補佐(前裁き)する事務局があり 事務局の大半は佐伯修司参事官(総務省)を含め省庁出身者が占めています。この仕組みから公益認定は(建て前はどうあれ)実質的に前裁きする公益認定等委員会事務局によって行われると見ても良さそうです。

従来は「公益法人の設立許可及び指導監督基準」を基に 各主務官庁が各公益法人に対して定期的に監査と指導を行なってきましたが今回の新制度にある「公益目的事業を主たる事業として行い公益目的事業比率が5割を超えること」といったことは 従来の指導監督基準にもあったことです。 従って、主務官庁により指導・監督を受け今まで存続してきた公益法人に対し 新制度になった途端に公益認定等委員会事務局が手の平を返すように「公益性なし」という前裁きをするとは考えられない模様です。

ともあれ、公益法人制度改革で何が変わるのか今後の動きを充分注意して見守るのが肝要です。

因みに、今年の12月に「中間法人法が廃止(税法上課税法人扱い)」され、一般社団、一般財団(有限は自然移行、無限は手続き移行)に移行されます。また、信徒香資が課税された経緯は「国税庁の判断は宗教法人か否かではなく、実質的に技術を教えて定期的に信徒から金員を徴収(香資は寄付で、金額も時期も定めないもの)している行為は、役務(技芸教授料若しくは講師料)に当たる」として消費税等の課税団体と成った次第ですが、その課税された金員の転嫁は何処に行くのかなのです。
 

無事に合格!!

 投稿者:  投稿日:2008年 3月16日(日)21時39分0秒
   皆さん、この度要約、要約二段に無事合格いたしました(笑)本当に皆さんの協力があってこその合格だと思います。ありがとうございます、感謝です!学科の方が非常に心配でしたけど頭を抱える事無く答える事ができました。
 次は3段です、また協力してください。よろしくお願いします。
 今度、神保さんと演舞で大会に出れたら何か楽しいかな、と思う今日この頃です(笑)

 先生、ありがとうございます、3段来年取れるよう日々精進、修行していきたいと思います。
                                結手
 

レンタル掲示板
/10