teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


9月に入りました

 投稿者:  投稿日:2017年 9月11日(月)07時28分17秒
  街路樹のナナカマドの実が赤く色づき、トンボが飛びはじめ秋を感じるこの頃です。

ナナカマドといえば北海道では庭先や街路樹などでも馴染み深い樹木ですが、紅葉した赤い実は雪が降る頃まで楽しめてとても綺麗です。

語源は大変燃えにくく「7回カマドに入れても燃え残るほどかたい木だから」という説がありまして、バスガイド時代の私は旅のネタになってくれるナナカマドが大好きでした。

私の実家にもナナカマドの木がありまして。
子供の頃は、あの赤い実がとっ~ても美味しそうに見えたものです。
もちろん好奇心から食べてみた事もあります(不味いですハイ!)

延びすぎた枝を剪定しては燃やしたりもしていましたので、たぶん7回も燃やさずともそこそこ燃えるんだと思います(笑)

さて
私達の公演も本番間近に迫ってきまして今回再演で挑む「ホテル山もみじ別館」の全貌がみえてきました。
先週末の稽古では無事に通し稽古を行うことができました。

再演ですが前回とはまた一味違う新鮮な仕上がりになっています。

お時間がございましたら是非アトリエ動物園へ
皆様の御来場を団員一同心よりお待ちしております。

 
 

シネマな生活

 投稿者:岡@札幌  投稿日:2017年 9月 3日(日)21時56分14秒
  趣味は映画鑑賞と躊躇無く言える位
暇を見ては映画館通いが続く日々。

本日は長谷井宏紀監督の「ブランカとギター弾き」
主人公は孤児の少女と盲目の老ギター弾き
舞台はフィリピンのスラム街
子供たちにとって凄惨な日常が描かれているのに
子供たちの活力に心奪われ
ただストーリーに引き込まれる
老人のギターと少女の歌が実に良い
決して風光明媚なロケーションではないのに
景色が心地良く美しい
写真家でもあるという監督の力か
苦難を経て二人がラストシーンで見せる表情に救われる
悪戯に感情を昂らせようとせず淡々とした音楽も良い
2015年作品。

美しい風景と言うとショーン・エリス監督「ハイドリヒを撃て!」
第二次世界大戦 ドイツ占領下のチェコが舞台
これも実に凄惨な話なのだが
インサートされるプラハの古い街並みが実に美しい
実話の映画化
チラシにも記載されているがラスト30分は圧巻
2016年作品。

実話と言うと原田眞人監督「関ヶ原」
1600年関ヶ原の戦い
天下分け目の戦いとして教科書にも載る誰もが知る史実
昨年の太河ドラマ「真田丸」では1分間で終わり話題に
本作のポイントは司馬遼太郎の「関ヶ原」という事
虚実入り交じった複雑なドラマ展開をナレーションが補完
オールスターの大作映画なので好き嫌いは有ると思うが
私はラストが好きです。
司馬遼太郎の原作を読んだ時は高校生
「城塞」と合わせて読み直したくなる
2017年作品。

劇場でゲットした公演予定作品のチラシを公開順に並べ
隙を見つけてはスケジュール表に放り込む
自分の老い錆びついた処理能力の限界に楽しく挑戦中。
 

納涼

 投稿者:カンタ  投稿日:2017年 8月19日(土)22時34分47秒
  皆様いかがお過ごしでしょうか。

どうにも夏らしからぬ日々。
涼しいアトリエでは、公演に向けて熱気溢れる稽古が続いています。
これまでの人生ですら体験したことのない(今後も無いかもしれない)人間ドラマが目の前にあるわけで、
何といいますか・・・魂の作品です。
今現在、そんな表現しかできないことをお許し下さいませ。

さて、話は変わりまして。
世の中には、表現者と呼ばれる人々が、実に様々、星の数ほどおられまして、中には「名優」や「名脇役」などと呼ばれ、色々な紹介をされている方々もおられます。
ですが、私が最も魅力を感じるのが、「怪優」と呼ばれている方々なのでございます。
怪しいオーラや独特な演技、一度見たら忘れられない存在感・・・何とカッコいいことでしょうか。

ゆくゆくは、「劇団動物園の怪優」という肩書が付いたら。
という大それた野望を密かに抱く私という存在。

そんな私の、最近の楽しみがあります。
近頃、深夜に放送が始まったTVアニメ、「笑ゥせぇるすまん」の視聴です。
子どもの頃に見た記憶は、とにかく意味の分からない怖いアニメというイメージでしたが、あれから20年以上経った今では、その面白さが分かってきたような気がしています。
ほぼ悲惨な結末に、妙に納得したり、思わず爆笑したり、純粋にゾッとしたり・・・意外に深い作品なんだと正直驚いた、ここしばらく。
何より、主人公である「喪黒福造」の強烈なインパクトが、最大の関心であったりするわけですが。


人が何時、何に興味を抱くか。どう好みが変わるか。
それは一生モノの問題ではないでしょうか。
また、ココロのスキマをどう埋めるか。あ、これも一生の問題かも・・・

では、そろそろ失礼をさせて頂きます。

明日もいい日でありますように。
 

#山の日#涼しい#アトリエ作業日和

 投稿者:  投稿日:2017年 8月11日(金)17時16分43秒
  ご無沙汰しております。劇団動物園・小西です。

さて、夏本番?というには微妙な気候が続いておりますが、最近の私は色々エンジョイしております。

まずは、久々に北海道警察音楽隊のコンサートに行ってきました。
遠軽町生田原のヤマベまつりの一つのプログラムとして開催されたのですが、その日はあいにくの雨天。屋外を予定していたのですが、急遽屋内での開催に変更となりました。しかし、カラーガード隊含む音楽隊の皆様のパフォーマンスは空間の窮屈さを感じさせないとても素晴しいものでした。選曲も小さなお子さんから年配の方まで誰もが楽しめる構成となっています。ソーラン節は私のお勧めです。お住まいのお近くに音楽隊が来ることがあったらぜひぜひ皆様も行ってくださいね!

そして最近、私の住んでいる町にあるジムで身体を動かすことを始めました。
といっても、仕事終わり毎日通うのはしんどいのでちょっとサボりがちなのですが・・・。でも、汗をかきながら身体を極限まで動かすのは気持ちいいですね。ルームランナーの他に色々機械が揃っているので、今のところ飽きずに続けることができそうです。うん、きっと。

さて、公演本番まで2カ月を切りました。チケット販売は近日中開始予定ですが、予約受付は既に開始しております。 多くの皆様に楽しんでいただける作品になるよう団員一同邁進中ですので、お時間がございましたら10月はぜひアトリエに足をお運びくださいませ。

チケット予約フォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S79519085/
劇団動物園facebookページ
https://www.facebook.com/doub2.in
 

Nobuya

 投稿者:ソロあん  投稿日:2017年 8月 1日(火)11時24分13秒
  大変お世話になっております。劇団動物園:松本です。

大嫌いな夏も終わり、愛して止まない秋をすぐそこまで感じる昨今

皆さまも幸せですか?

今年も残すところ153日。来年も何卒宜しくお願い申し上げます。



さてさて前回も伝えさせていただきましたが

今年は驚くほど芝居三昧な毎日を過ごしております。

7月は3本の芝居観劇、8月は2本(予定)の芝居観劇と

2ヶ月間で昨年の年間観劇数に並びました。

我らの稽古も水曜・木曜・金曜と週3日を満喫。

此度は演出・役者と2役に身を投じる私なので

土曜・日曜はセリフ暗記に終始し、週明け月曜・火曜は演出プラン構築と、

なかなかの毎日です。

振返ってみると・・・

20代前半は役者が楽しくて楽しくてたまらなかった。

己のセリフに一喜一憂する観客にほだされ、自己陶酔を極めていました。

30代前半で役者としての限界を痛感し、同時に演出の魅力に気付いてしましました。

師と仰ぐ先輩劇団の代表に演出として初めて評価していただいた時期でもありました。

40代前半で舞台に意地で上がるという間違いを犯し、多方面より酷評をいただきました。

勿論、演出も兼ねていたので、プロの劇作家からも厳しい助言をいただき舞台は散々でした。

47歳を目前に控えた此度は

初心を思いだし、役者として舞台を楽しもうと思います。ですが、

看板女優2名との力の差は歴然で

絶賛売り出し中の若手No1との力の差は明白です。なので、

恥をかくところからスタートする舞台です。私にとって

その覚悟が出来たので再び役者を目指しました。私は

いや しかし ホントは 怖い

兎に角、頑張ります。




話しは変わって・・・

1週間に1度の実家夕食を継続している私です。

目的としては御年77である母の認知症並び体調不良の早期発見です。

今のところ食事の味付けも買い物もメニューも自立で、安堵しております。

しかし若かりし頃より食が細い人なので、体重が下降の一途を辿っていました。

この際、食べたいものなら何でも良いので希望を聞くと

「・・・のぶやのケーキなら食べられる」

とほざきやがった。

否、発言しました。

「のぶやのケーキ」とは市内にあるパティスリーノブヤという洋菓子店で

市内でもトップクラスの美味しさと金額の店の事です。

我が家では、給料日と病気発症時にしか口にする事を許されないケーキで

父が健在の時でも、母と2人に最大で3個までがルールでした。

その3個を夫婦で3日かけて食べるのが悦びでした。

しかし御年77の女性の希望ですから

しかも商品指定。これは叶えなければと思い豪華に2個プレゼント。

目を丸くして喜んだ母は、4日かけてケーキを満喫しました。

“1週間に1度、2個のケーキ。1000円前後で食欲がわくなら安いもんだ”

その様に自分に言い聞かせた私は翌週より購入を続けました。

4ヶ月が経過した現在。

2個のケーキを4日かけていた母が

5個のケーキを2日もたせません。

お陰で順調に体重が上昇しています。

この年で

月に万単位のお金がケーキ代で飛ぶ稀有な経験を満喫で出来る私は

本当に幸せ者です。・・・か?



2017.08.01 現在
 

訂正

 投稿者:○京  投稿日:2017年 7月22日(土)23時19分40秒
  下記投稿
案内3項目の前に記号の黒丸●を付けましたが、?に文字化けしたようです。
わかりずらくてすみません。
 

回顧 期待 案内

 投稿者:○京  投稿日:2017年 7月22日(土)23時02分49秒
  観劇の機会が多くなった昨今、過去の舞台を思い返すことも多くなりました。

かなり遡りますが、深く印象に残っているのは学校で行われた演劇鑑賞です。体育館の舞台がいつもと違う空間に変わり、しっかり感情が込められた台詞や、舞台全体を縦横無尽に動き回る役者さん達を見て不思議な感動に包まれました。劇団の名前もストーリーも、すっかり忘れてしまいましたが、学生服を着て演じてた男優さんがすごく格好良くて学校中のヒーローみたいになったのを覚えています。(学校中は言い過ぎ?)

更に思い出深いのは、オホーツク管内の小中学生の演劇発表の場「オホーツク子供劇場」。中学1年で自分も参加したのですが、他の学校の生徒の演技の上手さに驚くばかりでした。
加えてオホーツク子供劇場に参加経験のあるOBスタッフ「OB元気会」によるスペシャルなステージを観た感動は今でも忘れられません。エネルギッシュで役になりきってて熱く真剣なお兄さんお姉さん達の演技に凄く魅了されました。
OB元気会の皆さんはとても頼もしくて、作業をサポートしたり指示してくださってる姿を、当時の演劇少女達は遠巻きに見てキャッキャきゃっきゃと騒ぎ、憧れの眼差しを送っていたのでした。

なんか古い話をしてしまいました(^-^;)



明日も来月も新鮮な舞台を観に出掛ける予定です。
どんな感動や非日常が待っているのか、とっても楽しみです。




?劇団動物園 第26回公演の詳細がホームページにアップされております。これからの公演案内をご覧ください。
?管理者の尽力で予約フォーム完成!
チケット印刷は準備中ですが、ご予約可能となっております。
?劇団動物園Facebookスタート!
若い劇団員のお陰です。アナログな私たちなので、こまめに投稿はできないかもしれませんが、お時間がありましたら覗いてみてください。
 

暑い熱い日々

 投稿者:なみ  投稿日:2017年 7月11日(火)21時43分36秒
  暑い日が続いていますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
豪雨や酷暑、人ではコントロールできない自然の力には驚かされるばかりです。

北国とは思えない温度と湿度の北見地方ですが、暑さに負けない熱い公演がいくつかあります(ありました)。
7月2日には大空町の劇団そらの「夏の短編集vol.1  翼に憧れて」を観てきました。そして22,23日には美幌町の劇団タカクト「カミッテル!」、23日には北見緑陵高校全国大会直前公演「学校で何やってんの」があり、8月には北見や大空町の大きなホールでプロの公演が。どの公演もできる限り観に行く予定です。この夏もいろいろな舞台に触れることができそうで楽しみです。

さて、何を隠そう子どもの頃「お話」を作るのが好きでした。
夏休みの自由研究で物語を書いたり、友達と紙芝居を作ったり、交換日記(女の子同士のです(笑))に漫画のようなものを書いたり。
もちろんどこかで読んだ漫画や小説の受け売りであり、真似っこがほとんどなのですが、湧き出るように次々とストーリーを思いついていた幼い自分。
大胆にも絵本作家になりたいと思ったこともありました。
怖いもの知らず世間知らず本物知らずが故の拙いものとはいえ、今となってはその発想と勇気のかけらでも残っていればなあ、と残念でなりません。

月日は流れ、そんな大それた夢を抱いたとは思えないほど、今現在、絵心もセンスもありませんし、物語は創るより読んだり観たりするものになっています。
(芝居に係わっている以上、ある意味「創る側」であることはあるのですが。)

「自分に才能があると思っていたいなら世に出そうと思わないこと」などと何かで読んだことがありますが、人前に出すこと・出ることで批評や好悪を受け、傷つくとわかっていてもひとは表現せずにはいられない。
ネット上にいろいろなスタイルで自分を表現することがもはや当たり前で、「表現」がとても身近になっている昨今、私はそちらの流れに思い切り乗り遅れております。
デジタル機器や通信などの技術を使いこなすことは現代の表現に必須のようですが、再現不可能で、感情や息遣いや空気感が生々しく直に伝わる舞台表現はやっぱりおもしろいし、楽しいと思う日々です。

そんなこんなで暑い中ですが稽古は着々と進んでいます。
8年ぶりの再演ですが、重ねた年月が生かされるような作品に仕上がるよう、楽しみながら臨みたいと思います。
チケットはただ今準備中です。発売までもう少しお待ちくださいませ。
 

早いもので7月1日ですね

 投稿者:  投稿日:2017年 7月 1日(土)16時38分15秒
  早いものでもう7月!
2017年も後半に突入ですね、街路樹のアカシアの花が雪のように舞っています。

せっかく1年のど真ん中ですので上半期に観劇したお芝居をまとめてみようと思います。

1月【NODAMAP】足跡姫
2月【千年王国】狼王ロボ
2月【札幌座】北緯45°のワーニャ
3月【剣崎薫企画特別公演】亀もしくは…。
3月〈北海道短編エンゲキ祭〉
【劇団清水企画】眠るわたしは何処にいるのか
【西区住民参加温故知新音楽劇】エクストラ・テレスト・リアル
【41×46(函館市)】ダウト
【蘭越演劇実験室】葬儀の予定
5月【劇団イナダ組】シャケと爺と駅と
6月【劇団演研】隣にいても一人
以上です。

改めて上半期を振り返ると10作品観劇しておりました!
下半期はどんな作品を目撃できるのか楽しみです。

さて私達は10月の公演に向けて「ホテル山もみじ別館」の稽古中です。
私自身この作品に再び向き合える事が出来とても嬉しく思っています。
そして再演の喜びと共に自分が果たすべき役割への責任も感じます。
稽古中は日々「今」の新しい「ホテル山もみじ別館」に変化しているのを感じます。
私達もまだ見ぬ完成が楽しみでワクワクしているところです。

先日、ポスターやチラシも完成しました。
近いうちに皆様にお届けできる予定ですので楽しみにお待ち頂ければ幸いです。
 

ストイックな生活

 投稿者:岡@札幌  投稿日:2017年 6月18日(日)23時33分51秒
  最近の日課はストレッチとジョギング
きっかけは1年ほど前の健康診断
体重、腹囲、血中脂質、血圧、肝機能などなどから
積極的な特定保健指導が必要との事でダイエットを開始
目標は6ヶ月で体重4㎏、腹囲4㎝の減
行動目標は食事で1日160kcalの減
という事で最初は食生活の見直しだけを考えてましたが
雪解け時期から奥さんのジョギングに付き合い始めると
効果覿面 あっと言う間に目標をクリア

そうなると純粋に走る事が楽しくなり
ノウハウ本を物色した結果、
走るための体幹鍛錬としてストレッチを開始
腹直筋、腸腰筋、大腿四頭筋、僧帽筋、
大殿筋、ハムストリングの仕上がり
丹田、肩甲骨、骨盤の動き
ストレッチ、ジョギングの最中も
各部の状態や姿勢を意識
そんな集中状態を飛び越え
走る事だけに没頭した瞬間があればその日は至福
年齢の事も考え、ゆるゆると長く続けたい。


1年も半ば、
年頭に誓った映画館通いもペースをどうにか維持
・伝説と言われるエドワード・ヤン監督の
『牯嶺街少年殺人事件』を初体験
英題の「A Brighter Summer Day」に涙腺が緩む
少年・少女達が画面の中で切なくも躍動
・ケリー・フレモン・クレイグ監督『スウィート17モンスター』
で描かれる少年・少女と大人たちに心地よく共感
原題名は「The Edge Of Seventeen」モンスターはどうか?
・ヨーロッパ映画では
ダルデンヌ兄弟の『午後8時の訪問者』、
アサイヤス監督『パーソナル・ショッパー』
とサスペンス仕掛けの2作品を堪能
・ウディ・アレン監督『カフェ・ソサエティ』は相変わらずの語り口
1930年代のハリウッドが舞台
・久し振りのSF映画はドゥニ・ヴィルヌーヴ監督『メッセージ』
テッド・チャンの傑作小説を視覚化したファーストコンタクト物
未知生物の文字表現が美しい
同監督による「ブレードランナー」続編が楽しみ
・ファーストコンタクトと言えば
映画ではないがアニメ『正解するカド』が毎週の楽しみ
脚本はSF小説「Know」の野崎まど
・アニメと言えば湯浅政明監督『夜明け告げるルーのうた』
キャラクターの動きを観るだけで楽しい
作品のキーワードとなっている斉藤和義「歌うたいのバラード」が実に良い
残念ながら、この曲、私は未経験で、本映画が初体験
是非、リアル体験の人に感想を聴いてみたい
同監督の『夜は短し歩けよ乙女』も楽しむ
原作体験者でも楽しめるのでは。

2週間ほどで公開終了してしまう作品も有り、見逃す期待作多々
札幌に再び名画座が出来る事を切望。

あぁ、欲望は果てしなく
ストイックな生活もシンプルな生活も
まだまだ遠い。
 

レンタル掲示板
/61