teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


坂井平野に 初雁

 投稿者:Birder  投稿日:2009年10月 4日(日)09時10分52秒
返信・引用 編集済
   今年も元気なマガンの姿を見ることができました。
10月3日 9:34 北潟湖上空150羽(片野へ帰る途中)
今の時期の水田では危険も多いので早く帰ってしまいます。
 数が少ないので、かなり注意していないと見逃してしまいます。
来年の3月20日頃まで毎日見られます。
「春は桜 秋は雁」というくらい日本の季節を代表する風景です。
ふる里の宝物です。近年、本荘、新郷地区に多く飛来します。
地区の方がガンに対して優しい方が多いのだと思います。
生き物に優しい農業がこれから消費者の支持を受けると思います。

PS:北潟湖にオシドリ79羽 今までの最高を記録しました。
 
 

ハマナスの花

 投稿者:姥桜  投稿日:2009年 5月31日(日)00時16分58秒
返信・引用
  海岸を歩くと、色とりどりの花が
美しく咲いている。花の、反対側に目を向けると
花火の燃えかす・空き缶・ごみの山
あわら市民が出したゴミではないだろうが
ひどすぎると思いました。
以前は 金津町と明記してある、ゴミ袋が
堂々と置き去りにされており、マナーの悪いのは
金津町民と公示していたが、今回見たのは 散乱状態でした
これを 片づける人の 苦労を感じるべきです。
 

田植え

 投稿者:姥桜  投稿日:2009年 5月11日(月)22時41分17秒
返信・引用
  田植えもほぼ終わったようですね
 

菜の花

 投稿者:Birder  投稿日:2009年 4月 1日(水)07時37分13秒
返信・引用
   雁は13日(08年は18日)早朝に北帰したようです。昨年より少し早いですね。
温暖化のせいでしょうか。。。。

 桜には少し早いので。。。。菜の花を見るのもいいですよ。
場所は旧国鉄金津ー芦原線跡道路(高塚ー宮王)です。
ラッパ水仙とは違う清楚な黄色が癒されますね。
 

帰雁

 投稿者:Birder  投稿日:2009年 3月10日(火)18時02分43秒
返信・引用
   命を感じさせてくれた「マガン」たちもぼちぼち数百単位でふる里へ帰っている。
現在、まだ1,200羽程度残っている。安心して食べられる「餌」が十分でないので、日の出から日没まで長時間餌をとっている。10日はあわら市轟木の「麦田」にいました。
被害が大きくならないよう祈らざるを得ません。
 ここ1週間の間の「移動性高気圧」の風に乗り、一気に日本海を渡ります。
時速100kmで10時間、約1,000kmです。
来年の再会を願って無事を祈りたい。
 

ガンの飛び立ち観察のご案内

 投稿者:Birder  投稿日:2009年 1月24日(土)08時10分31秒
返信・引用
   芦原青年の家のイベントで「親子で野鳥を観る会」があります。
募集はもう一杯で打ち切りましたが、
25日(日)早朝 6:30片野鴨池で「約3000羽のガンの飛び立ち」
が見られます。なかなか無い機会なのであわら市民、坂井市民の方は
是非一度見て下さい。 「坂井平野の宝 ガン」が、貴方にとって
なお一層身近な生きものになること請け合いです。どなたでも参加できます。
 

北潟湖にオジロワシが飛来

 投稿者:Birder  投稿日:2009年 1月 8日(木)21時17分54秒
返信・引用
   何年ぶりかでオジロワシを確認した。絶滅危惧種1B類。
冬鳥として北潟湖にもたまにくる。三方五湖には毎年来る。
全長80~95 翼開長180~230cm とにかく大きいのだ。
嘴は黄色で鋭い尾が白い。主に魚を食べる。魚を捕って食べていた。
ゆったりと堂々と飛ぶ姿は威厳と風格を感じさせる。
ミサゴより2周りくらい大きい。カモ類がどーと逃げるので見つけやすい。
北潟湖の一番広い中湖にいる。枯れ木に止まって様子をうかがっている。
一度見て下さい。
 

水鳥はマガンではなかった

 投稿者:Birder  投稿日:2008年10月20日(月)08時12分3秒
返信・引用 編集済
   ある方から電話があり、市姫の当たりに「カモよりも2周り大きい、そして尾の所の白さが目立つ」水鳥がいるので何か教えて欲しい。。。。年輩の方からの問い合わせは少ないので有難く調べて電話することにした。
早速、確認すると「カルガモ」がオオカナダモを食べていた。1年中いるカモである。
ヒドリガモ♀(写真)も1羽いた。こんな美しい竹田川の水を見たのは初めてだった。
鳥に関心を持ってもらうことで気持ちが豊かになるって素晴らしいことです。
 

秋の一こま

 投稿者:  投稿日:2008年10月11日(土)17時46分34秒
返信・引用
  色ずく秋  

坂井平野に「初雁」!

 投稿者:Birder  投稿日:2008年10月 3日(金)08時34分51秒
返信・引用
   秋を告げる鳥「雁」がはるばる4000kmの旅をして、子育てと越冬のため2日24羽が坂井平野にやってきました。片野鴨池には9月27日に第1陣10羽到着し、1日現在、127羽いるそうです。これから半年間、毎日、餌(落ち穂、2番穂)を食べに坂井平野に通勤します。
親がこども達をはさんで飛行している姿が見えます。
●日の出とともに片野発→北潟湖周辺上空→坂井平野→夕方片野帰着
「初雁」の声を聞いたり、姿を見ると何かいいことあるかも。。。。話題にして下さい。
●昨年は本荘、新郷地区の田んぼに多く飛来しました。今年は??
福井県の宝であり、あわら市の宝でもあるのです。見とれて交通事故には注意です!!
 

解かるかな

 投稿者:  投稿日:2008年 9月25日(木)11時35分11秒
返信・引用
  この実はなんの実???庭の生垣によくありますね。
これは ラカン樹の実です。子供の頃赤くなつた実をよく食べたものです。
いまの子には知つてるかな。いや大人も???
 

モズの高鳴き

 投稿者:Birder  投稿日:2008年 9月14日(日)20時06分36秒
返信・引用 編集済
   朝、ギチギチ  キーキーと甲高い声で鳴き、街では、アンテナとか鬼瓦などに止まり、長いしっぽをグルグル回している鳥がモズです。スズメより一回り大きく秋を告げる鳥です。野鳥会の「ものまね王者」なので漢字では「百舌」「百舌鳥」「鵙」、二枚舌どこではないですね。いろんな鳥の鳴き声をまねて鳴きます。「百舌のはやにえ」も有名ですね。
 厳しい冬を生きていくために、餌場確保のために♂♀ともになわばりを宣言しているのです。2月頃になると♀は、♂のなわばりを訪問し、気に入れば嫁入りします。写真は♂
 

Re: 牧さんぇ

 投稿者:まきさん  投稿日:2008年 7月16日(水)09時33分50秒
返信・引用
  > No.20[元記事へ]

蛙さんへのお返事です。

> water effect image by watereffectnet  入力検索すると右に波紋の絵がでる
> 次に左にある参照をクリック、 すると自分の撮つた写真が左上にでる
> その中の1枚を選択し アップロードする  すると自分の波浪写真がでる
> それを右クリックすると左上に枠がでる  そこでマイピクチャーに保存する
> 後は普段のやりかたで掲示板とかブログに載せる

ありがとうございました。今度挑戦します。
 

牧さんぇ

 投稿者:  投稿日:2008年 7月15日(火)08時47分51秒
返信・引用
  water effect image by watereffectnet  入力検索すると右に波紋の絵がでる
次に左にある参照をクリック、 すると自分の撮つた写真が左上にでる
その中の1枚を選択し アップロードする  すると自分の波浪写真がでる
それを右クリックすると左上に枠がでる  そこでマイピクチャーに保存する
後は普段のやりかたで掲示板とかブログに載せる
 

 投稿者:  投稿日:2008年 7月12日(土)07時59分59秒
返信・引用
  カラーの花を水に映してみました。
 

百合の花

 投稿者:  投稿日:2008年 6月18日(水)14時33分56秒
返信・引用
  チョッと撮つてみました,自庭にて~  

今年もオシドリ確認

 投稿者:Birder  投稿日:2008年 6月 5日(木)15時22分50秒
返信・引用
   読者の皆さんは、北潟湖にオシドリがいるのをご存じですか?
冬のカモ類が北へ帰ると、湖に出てきます。
オシドリは1年中います。樹洞に営巣するのでなかなか分かりません。
4日には7羽見ました。♂は銀杏羽が大変美しいです。
子ども連れを見たいと思っています。
最高で20羽くらいなので、どんどん増えて欲しいものです。
 

しっぺがえし

 投稿者:とんぼメール  投稿日:2008年 5月17日(土)20時40分4秒
返信・引用
   昨日、家族で奈良に行った。チビは留守番である。彼女は甘えん坊で、我々が出かけると不安そうな表情を見せる。帰ってくると車の音で飛び出して迎える。

 昨日は出発が5時半、帰ってきたのが9時過ぎであった。不安な一日を過ごした彼女は腹立ち紛れにある行為をした。

 彼女は「ニャーニャー」と我々を迎えた。抱きかかえて家に入るとウンチがしっかりとしてあった。行儀の良い彼女が今まで決してしなかったことである。

 別嬪さんだがとんでもないいたずらをする。
 

天性のハンター

 投稿者:とんぼメール  投稿日:2008年 5月17日(土)20時28分10秒
返信・引用
   チビ、彼女に狙われたら逃げられない。俊敏そのもの。チーターの如く疾走し、豹の如く樹木を駆け登る。その跳躍は飛んでいる雀さえ叩き落とす。

 すでに三匹の雀、野鳥が犠牲になった。どこからかネズミは銜えてきた。トカゲ、蛙は彼女にとって退屈な獲物だ。

 獲物を家に持ち込むことは叱るのだが、隠れて持ち込むから油断はできない。
今も何かを狙っている。このあとダッシュするのだがカメラではとても捉えられない。
 

こでまり「小手鞠」

 投稿者:  投稿日:2008年 5月12日(月)18時12分16秒
返信・引用
  綺麗でしょう~~自惚れかな???  

チューリップ

 投稿者:     投稿日:2008年 4月22日(火)11時59分57秒
返信・引用
  チューリップかな?  

桜咲く

 投稿者:Mr.M  投稿日:2008年 4月 7日(月)11時59分48秒
返信・引用
  初めてカラーネガ現像に挑戦。  

Re: 帰雁

 投稿者:Mr.M  投稿日:2008年 3月27日(木)23時27分56秒
返信・引用
  > No.10[元記事へ]

Birderさんへのお返事です。

最高のショットですね!

私もこんな撮影がしたいです。
ただ この時間帯は自由になれないから不可能かな?

また 鳥たちの画像を見せてください。
ただ今、デジスコ3号機を思索中です。
これは、使い物になるかな?と 思っています。
 

帰雁

 投稿者:Birder  投稿日:2008年 3月26日(水)20時10分37秒
返信・引用
   初雁と同じように、移動性高気圧の風に乗り、3月18日を最後に
数百羽単位で北へ向かった。
 坂井平野のガン類の渡りの経路は明確ではないが、多分、八郎潟、宮島沼経由で
ベーリング海峡近くの繁殖地へ戻ったのだろう。
時速100km 1日に1000kmも飛行できるらしい。
しばし、皆さんともお別れです。新しい命を育み新しい家族を連れて来ます。
秋分の日頃には第1陣が飛来します。坂井平野には10月始めにお目にかかります。
それまで待っててね!! 残雪より
 

春の花

 投稿者:  投稿日:2008年 3月25日(火)16時35分2秒
返信・引用
  ヒヤシンス満開です。  

コスモス畑にて

 投稿者:まきさん  投稿日:2008年 3月19日(水)17時22分50秒
返信・引用
  二年前の10月にGFと一緒に伊井のコスモス畑を歩いていた時、偶然に見つけた殿様バッタの交尾写真です。06年10月12日日記をクリックしてご覧ください。  

ムスカリ

 投稿者:  投稿日:2008年 3月19日(水)16時46分24秒
返信・引用
  他人様の庭先にありました、拝借?  

戦利品

 投稿者:とんぼメール  投稿日:2008年 3月19日(水)14時52分13秒
返信・引用
   昨夜、わが家のチビが夜遊びから帰ってきた。スーと私の横を通り過ぎる。と、家内が「キャー何かくわえている!!」

 最近、庭からいろんなものを持ち込む。そのたびに「キャー」と家内が叫ぶ。この前は薄汚れた紐で、それが蛇に見えた。啓蟄を過ぎると庭にいろんな小動物が出現する。ハンターの血が騒ぐのであろう。トカゲ、蛙、雀を追う姿は俊敏である。夏になれば蝉をかまって苛む。

 それを家に持ち込むのである。怒るのだが、その時は「ニャー」身を縮めるのだが、性癖は直らない。飼い主への自慢だろうか・・・誇らしい様子さえみえる。

 今回、トカゲだと見えたが、チビが獲物を離した瞬間、それは和服箪笥の裏に隠れた。それを右側から追うと左側に逃げる。左に行くと右に逃げる。「トムとジェリー」のアニメそのままである。瞬間小動物の姿が見えた、ハツカネズミである。ネズミは箪笥の裏側から出てこない。

 家内が「チビ捕まえて・・・」と叫び、箪笥を動かし、隙間を広げた。ネズミが飛び出し、チビが追う。家内が立ちすくんだが、そのさいネズミを踏みつけたと言う。ネズミは床備え付けの空調機の裏に隠れた。

 チビはその場所を動かない。家内は「捕まえて・・・」とチビに言う。「そのうち出てくるだろう・・。ほっとけばいいさ」と言うが、聞かない。

 空調の前面板を外す。どこにネズミがいるのか人の目にはわからない。チビが僅かに動いた、ネズミを押さえ込み、くわえた、一瞬の早業である。。

 家内は、ネズミをくわえたチビを抱きかかえ、外に連れて行こうとする。くわえていたネズミを放した、逃げる、家内大騒ぎ。チビ、素早く押さえ込む。家内は大きなビニール袋を探してきて、チビごと押し込み玄関から外に放り出した。

 すばやく自動ドアーの電源を切る。チビはネズミをくわえたまま、玄関の前でウロウロしていたが、そのうち消えた。

 12時過ぎだろうか、玄関に現われたがネズミはくわえていない。帰宅を許された。一年前、やせ細ったチビ猫だったが、今では堂々たる風格である。いたずら好き、野生ハンターの血は濃さそうだ。

 これから、ビックリすることがおきるだろう。夏に出没する蛇、さあ、どうなることやら・・・。

 昼寝の顔に蛇を落とさないでくれよ・・・。
 

卒業

 投稿者:Mr.M  投稿日:2008年 3月15日(土)18時39分45秒
返信・引用
  卒業式にふさわしく紅白の梅が咲き誇っていました。
一本の幹から紅梅と白梅が?
接木でもしてあるのかな?と思った所が寄せ植えでした。
いっぱい引っかかりました。
 

春の芽吹き

 投稿者:  投稿日:2008年 3月12日(水)10時49分8秒
返信・引用
  石をかき分け、クロッカスの可憐な花  

レンタル掲示板
/2